頭痛

頭痛の種類

一口に頭痛といっても、脳や体の病気でおこる頭痛と、それ以外の原因でおこる頭痛に大きく別けることができます。
脳や体の病気でおこる頭痛には、脳腫瘍、脳出血、脳梗塞、くも膜下出血、外傷に伴う急性の血腫や浮腫、水頭症、脳や髄膜への炎症などの脳疾患が原因の場合があります。
軽度の熱中症や貧血では頭痛だけが持続する場合も外来では良くみかけますし、緑内障や副鼻腔炎(蓄膿症)、眼精疲労などでは眼の周囲を中心に頭痛がおきることも稀ではありません。
それ以外の頭痛としては、頚・肩・頭部の筋肉のこりでおこる締めつけられるような緊張性(型)頭痛、ズキズキと血管の拍動を感じる偏頭痛(片頭痛)、ある一定の時期だけ眼の奥に激痛を感じる群発頭痛などがあります。ストレスの影響で頭痛がみられることも最近では多いようです。
このように頭痛の原因は脳以外でも様々な原因で起きるため、充分な診察と検査が必要になります。

当院での頭痛の治療方法について

頭痛治療は主にお薬での治療になりますが、何が原因の頭痛かによって処方する薬の種類や追加する治療・検査が大きく変わってきます。
つまり原因を探るには頭痛⇒脳MRI(脳CT)⇒脳に異常がないから安心で検査終了ではなく、問診や追加の採血や検査によって、しっかりと頭痛の種類の特定を行うことが大事です。当院では問診、診察、脳MRI検査だけではなく、必要に応じて内科や”こころ”の検査を行い、単に痛みを散らす対症療法ではなく、原因に対してアプローチすることを心掛けています。

Copyright(c) 2013 harata-c All Rights Reserved.