不眠症

不眠症とはどんな病気?

不眠症とは「寝つきが悪い」「寝てる途中でよく目が覚める」などの睡眠に関わる問題のために日常生活に支障をきたす状態です。日中の眠気だけではなく、倦怠感、意欲低下、集中力低下、食欲低下等も伴ってくる場合があります。
現在、日本成人の5人に1人はなんらかの眠りに関する問題を抱えていると言われており、決して珍しい病気ではありません。

睡眠時無呼吸症候群は専門のクリニックでの詳しい検査が必要になりますので、気になる症状がある場合は近くの専門医の先生にご相談した方がよろしいと思います。
不眠を放置しておくと、高血圧症、糖尿病、認知症等の発症因子になるとも言われています。

不眠症の主な症状

睡眠の良し悪しは時間×深さ(質)であらわされます。
当院では不眠で受診された方に、「朝に目を覚ました時は、目覚まし時計を使わずにスッキリと自然に起きてますか? 日中に疲れや眠気は無いですか?」と質問をしています。
質問に基本的に「イエス」と答えられる場合には、あまり不眠の心配はないようです。

「ノー」と答えた方には更に次のような症状がないかのお話しを伺います。
思い当たる症状がある場合は、不眠症の可能性があります。
・なかなか寝つけない(入眠障害)
・途中で何度も目が覚めてしまう(中途覚醒)
・朝早く目が覚めて、再び寝つけない(早朝覚醒)
・とにかくグッスリ眠った気がしない(熟眠障害)
・たくさん夢を見たり、悪夢をみて寝た気がしない(悪夢障害)
・夜間”のみ”の頻尿

当院での不眠症の治療方法

不眠症の治療では睡眠導入薬を使いますが、不眠症のタイプによって処方する薬の内容が変わってきます。
眠りの様子によっては、漢方薬や抗不安薬などの他の薬を組み合わせて良質な睡眠が得られるように調整する場合もあります。

不眠症は他のこころの病気やからだの病気の症状の1つであることも多く、不眠が1か月以上続く場合には、心療内科や精神科への受診をおすすめします。

治療中に気をつけて頂きたいこと

・明るい設定での大型液晶テレビを見る場合は不眠症になる場合もありますので、夜間のテレビの視聴は画面自体の明るさを暗く設定した視聴をおすすめします。

・午後3時以降にはコーヒー、紅茶、緑茶、栄養ドリンク剤などのカフェイン含有飲料を摂取すると入眠の妨げになる場合があります。

・睡眠薬の多くは、服薬後30分~1時間で効き目がでるようになっていますので、必ず寝る直前に飲むようにしてください。

Copyright(c) 2013 harata-c All Rights Reserved.