高脂血症(脂質異常症)

高脂血症(高コレステロール血症)ってどんな病気?

脂質異常症とは、血液中の悪玉コレステロール(LDL-C)や中性脂肪が増加した状態、または善玉コレステロール(HDL-C)が減少した状態です。コレステロールは、ホルモンの材料になったり、細胞膜を作る、脂肪の吸収を助ける、といった働きがあり、中性脂肪はエネルギー源として働きますが、過剰になるとからだに障害をもたらします。
糖尿病と同様に自覚症状に乏しく、動脈硬化によって重い病気を引き起こすのが特徴です。現在患者数は約700万人いるといわれており、増加傾向にあります。

当院での高脂血症(高コレステロール血症)の治療方法

脂質異常症の治療には食事療法、運動療法、薬物療法があり、ご自身の病状、ライフスタイルや治療に対する考え方をもとに、病状改善に適した療法の組合せを一緒にご相談していきます。

来院後の日常生活でご注意いただきたいこと

脂質異常症は高血圧、糖尿病、喫煙とならび、動脈硬化を引き起こす重要な危険因子です。通常、自覚症状はありませんが、動脈硬化が進行すると重篤な合併症が発症します。定期的な運動、食生活の改善など、日常からよりよい生活習慣を意識することを心がけましょう。

Copyright(c) 2013 harata-c All Rights Reserved.