更年期障害

更年期障害とはどんな病気?

更年期とは閉経を迎える前後10年程度(一般的には45歳~55歳)を指し、更年期障害は、更年期にあたる女性の2~3割がかかるといわれています。閉経に伴う女性ホルモンの減少が原因で、自律神経系の交感神経と副交感神経という脳のアクセルとブレーキの役割を担う機関が異常をきたし、さまざまな身体的・精神的変調を引き起こします。また同年代の男性では男性ホルモンの減少で女性と同様の症状を認める場合があり、男性更年期と称される場合もあります。

更年期障害の主な症状

更年期障害では身体面と精神面で以下のような症状があらわれます。
・身体的な症状
のぼせや顔のほてり、異常な発汗、動悸、息切れ、頭痛など
・精神的な症状
物忘れ、イライラ、不眠、抑うつ状態、集中力の低下など

当院での治療方法

性ホルモンの減少によって異常をきたした自律神経系を調節し、精神症状が強い場合には症状に応じたお薬を使用していくことが基本となり。当院では漢方薬、心身の状態に併せた薬剤を主体に加療を行っております。プラセンタの注射や経口摂取のご希望も承りますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご来院いただいた後の注意点

症状が良くなったと思い、患者様の判断で薬を飲むことを止めてしまったために、ふたたび症状が重くなってしまうことが良くあります。飲んでいただく薬の量は患者様の状態を見極めた上で調整していますので、飲む量・回数はお守り下さい。

Copyright(c) 2013 harata-c All Rights Reserved.