医院紹介

MRI検査装置

MRI検査装置
オープンタイプなので、圧迫感が軽減されています。静かで閉所感が少ない人にやさしい検査環境で、ご高齢や付添いが必要なお子様も検査しやすい利点があります。
筋肉・靭帯・脂肪 などのやわらかい部分を検査できるのが、X線装置との大きな違 いで、神経や筋肉、靭帯、血管や臓器、骨組織など様々なものを撮像する事が出来ます。
主にヘルニアの方や、靭帯損傷の方などの検査に使用します。


SSP療法器

SSP療法器
この機器は、「刺さない鍼治療」の発想から開発された低周波刺激療法で、SSPと呼ばれる小さな金属電極で低周波通電する治療法のことです。
操作方法が簡単で治療効果が高く、副作用がないこの治療法は、低周波刺激療法の代名詞とまで言われるほどでペインクリニック、リハビリテーションといった痛みの専門分野で使用されています。
痛いというイメージがなく、幅広い層の患者さんに安心感を与えることができます。
細菌感染などの心配がなく、衛生的です。皮膚に刺さないため滅菌の必要がありません。また、自由な体位で治療ができ、治療しながらマッサージを施すことも可能です。副作用や合併症がありません。


牽引療法機器

牽引療法機器
安全制御装置、緊急停止スイッチなど、治療時の安全性と安定性を備えた設備です。
牽引治療との相乗効果を生み出すベッド内蔵型腰用・頸部用ホットパック(冷感緩和機能)を装備し、温度センサでいつも適温に調整されるため、患者様には快適にご利用いただけます。
頸椎牽引と腰椎牽引の2種類があり、頸椎の場合は頸椎捻挫など、腰椎牽引の場合は腰椎椎間板ヘルニア等の患者さんに対して行い、痛みの改善を図ります。


ローラーマッサージ治療器

ローラーマッサージ治療器
マッサージの心地よさを追求し、手技による指圧やマッサージに限りなく近づけた治療器です。指による指圧の動きと同じような軌跡をたどるため、脚部のマッサージなども筋肉をもみほぐすような感覚です。指圧、さすり、腰部、頸部などの組み合わせで、幅広い組み合わせができ、目的に合わせた治療が可能です。遠赤外線のセラミックヒーターを搭載していますので、治療中も心地よい温感で、快適な治療を受けられます。


Copyright(c) 2013 harata-c All Rights Reserved.